CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中国映画“植物園”
日本の題名は“中国の植物学者の娘たち植物

すごく衝撃的な中国映画でした。 数多く中国映画を観てきましたが、ストーリーとカメラアングルは、胸に響きました。 (あとで聞いたのだけど、カメラマンはフランス人だそうです)

同性愛をテーマにしてあるけど、父親、愛し合う二人赤りんご青りんご、中国当局、そして孤児院の院長などそれぞれの角度から見つめなおすと、すごく心が熱くなる映画だと感じました。

ハーバル関係の人には是非、見ていただきたいと想います。 その理由は

何首烏、紫藤、烏頭などの生薬が出てきたり、白檀の芳香を植物にかがせたり(中国本草学の大家 李時珍が発明したそうな。正しく香りのエネルギーを草木花に注入)、陶酔する芳香浴などのカットがあるんです。

愛し合う二人はきっと前世で出会っていると確信できる印象がありました。深遠なる愛、魂は死ぬことはないなどホリスティックな捉え方の出来るシーンがちょこちょこあるからです。輪廻転生の世界観が生きています。

もう20年以上も前になりますが、時の中国で大人気女優であった劉暁慶さんと文通していた私。“小花”や“芙蓉鎮”の主演をしていたのだけど、今はどうされているのか? 西単近くにあった彼女の住まいも、近年の北京の住宅整理で、今はもうないのかもしれない……

12月15日から東劇でロードショー!!です。
| 演劇、映画 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(1) |
シャングリラ圭演
とうとう終わりました。シンングリラ掘

昨日の夜は、打ち上げで盛り上がったんだろうな。あれだけ大勢のスタッフで演じたシャングリラ掘 東京追加公演15日14:00の部を観てきました。 かほりちゃんがすぐそこにいるという最前列。 マニキュアもせずに、感性で奏でるパーカッション。身体の中にしみこんできました。

ユーミンは実に楽しそうに歌ってましたよ。そして魅入ってもいました。 シャングリラってエンターテインメントは、やはり一体感が気持ちいいです。

お疲れ様でした。そして犬魎待できるのか、少し不安。 今回のテーマである人魚姫。舞台装置も大掛かりで、これを越えるとなると、ユーミンも頭ひねるんでしょうね。 待ってますから、また会えるのを。



終わってからOMOTESANDOUヒルズの裏にある“食楽園”に行きました。新潟物産店がやっているレストラン。 とても美味しく、珍しい食材もあり、しかもリーズナブル。新潟といえば苗場。 苗場というばユーミン。 縁があるもんです。
| 演劇、映画 | 18:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
浅草花月
今日も一日寒かったです。お彼岸やというのにねぇ。桜の蕾さんも困ってるんでしょうね。
 
浅草花月に行って大笑いしNK細胞を生き生きさせてきました。NKとはナチュラルキラー細胞と言って、身体の中の異物を攻撃してくれる兵隊さんのことです。すなわち免疫を高めてきたわけです。人間、笑うとNK活性が高まるというのは、ちゃんとデータもあるんですね。私は免疫活性に笑うことも有効だと思っていますが、感謝することのほうがもっと大事だと思ってます。

東京で吉本の芸人が観れるのはとても幸せです。昔はなんば花月や京都花月によく行ってました。当時は入れ替え制ではなったので、客席で弁当を食ったり、退屈したら客席の間を走り回って怒られてました。今日のエンターテイナーでお気に入りは、サウンドコピーです。舞台に出てくるだけで笑ってしまうのですから、殺人的魅力があるんですな。あの二人のおっちゃんは。

観終わってからは、合羽橋へお買い物。大阪の道具街と同じで、あっちこっちとウロツキながら楽しい時間を過ごせました。
| 演劇、映画 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(2) |
ロミオVSジュリエット最後の闘い
踊る893の公演「極道シェイクスピアーロミオVSジュリエット最後の闘いー」を観てきました。私の好きな劇団の一つで、前から楽しみにしていました。 ルンルン

この劇団、劇場に入場する前から893気取りの兄さん・姉さんが、「お疲れさまです」って大声を張り上げて、挨拶してくれるんです。ドンビキする観客が多いんですが、観たことのある人は、きっとこれにはまってるんだと思う。今回はGUEST出演されてた赤丸正幸に声を掛けられました。

で、公演前にはジャンケンポン大会でお客さんを乗せるわけですが、今回はちょっといまいち盛り上がりに欠けました。なんでやろ??

さて本公演は、楽しみにしていたキレのあるステップダンスにドタバタ演劇、そして涙を誘うシーンや迫力あるタテなどなど、期待通りのものでした。シェイクスピアを演劇にする劇団は数多くあるんですが、踊る893集団にかかると実に新鮮です。初舞台だったと思うけど尾畑美依奈ちゃん(間違ってたらゴメンネ)、これからバシバシ 物食って頑張ってよ。

終了後、踊る893公式応援会に入会しました。500円のカンパで入会できます。今がお得。そして様々な特典があるんですよ。劇団員さん達との、飲み会にも参加できるんですって。皆さん、どしどし入会しましょう。そして飲み会でお会いできるのを楽しみにしています。
| 演劇、映画 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
『幸福な食卓』試写会
雨の中、試写会に行ってきました。『幸福な食卓』という瀬尾まいこさん原作の映画です。全身で感動し、観終わってすぐにお手洗いではなく顔を洗いに行きました。上映中、三回も大泣きしたものですから。

4人掛けの食卓がスクリーンに何度も登場します。座っているのは二人か三人。最も印象に残ったのはその場面にテレビが無いことです。テレビの功罪はいろいろありますよね。家族団らんの象徴でもあるテレビが、大事な会話を無くす原因ともなります。携帯電話もしかり! 食事しながら家族それぞれ自分の想いをしゃべることはとても素敵だと改めて気づきました。我が家の食卓からテレビを無くすことができるかどうか、これは相当もめる原因になりそう。

この映画、すごくいいので、是非是非、映画館で見てください。私は家族ともう一度観たいと思いました。「恋人や友人は無理すれば作れるけど、家族は‥‥‥」このシーンが、映画のテーマなんだろうなって感じ入ってしまったのです。
全体的な画面構成は中国映画のようなテクニックを使っているような気がしました。中国映画は元々、日本映画のテクニックを導入したものだと思いますが、きっと古き良き日本映画のエッセンスを取り入れたんだなと、ここでも感動。

そして主演の北乃きいは、長澤まさみのように大ブレークしそうな予感があります。頑張れ、北乃。そしてこの映画がたくさんの方に観ていただけますように。
| 演劇、映画 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |